ホルミシストのホームPagePagePagePagePagePagePage7

 オーストリアのインスブルック大学ディーチェン教授が調査委員長をしておられるラドン洞窟ハイルシュトーレンをご紹介します。
 ザルツブルグの南、アルプスの谷あいガシュタイナー地方に、ハプスブルク家のかくし温泉がありました。
 ここはアントアネットの母の女帝マリア・テレジアの浴室、ブランツ・ヨーゼフの泉というように名前がついています。
 戦時中にヒットラーが、この山から金が出ると信じ、横穴を掘った。結局、金はなくて強力なラドン温泉の洞窟にぶつかった。この洞窟ハイルシュトーレンの入口にドイツ国営病院ができています。
 中高年のお二人連れなどが、「難病、とくにリウマチ、腰痛、糖尿病などが治る」といって楽しんでいます。
 このバドガシュタインにはゴルフ、スキー場、テニスコートなどもあり、院長のファルケンバッハ博士は、「3週間滞在して、一日おきに洞窟に入ってください」と言っています。
 ここのラドン濃度は、我が三朝温泉の浴室の3千倍です。インスブルック大学ディーチェン教授は、「難病の75%に効果がある。」と報告されています。

 サウナですから、お客さんはガウンを着て、ディズニーランドの電車のようなものに乗ってアルプスの岩山の中へいき、もらったメモの駅で下ります。ラドン濃度、湿度、温度が違いますから。簡易ベッドにシーツがかかっていて、横になります。こちらの洞窟は男性用、あちらは女性用と分かれており、ものすごく汗をかきますから、水を補給します。そのうち、45分たつと電車が迎えにきます。
 4年ほど前、ヨーロッパ14カ国の厚生大臣会議がバドガシュタインでありました。隣の国際会議場で、低線量放射線──ラドンの健康効果についての専門家会議が併催されまして、私が日本の研究データをまとめてお話ししました。
 腰痛、神経痛、関節炎、ぜんそく、アトピー、アレルギー、痛風などに、痛みをともなうとホルモンが活躍して痛みやストレスを抑え、免疫系の調子を整え、抗酸化酵素を増加させます。こうして活性酸素の害を制し、難病の進行を止めるのであろうと推論されました。
 がんの再発防止、糖尿病、各種肝炎、アルツハイマー、パーキンソン、筋萎縮症、老人性痴呆に対する効果も期待されると集約されました。

 
ホルミシストのホームPagePagePagePagePagePagePage7