hormesist top 温泉とホルミシス効果 難病とホルミシス ガン死少ない三朝温泉
hormesist2 1●ウランのふるさと 2●光明石温泉 3●キトポリー
Contents 4●三朝温泉の真ん中で 5●記事・ラドンのたまご
記事へ移動
 
 
キトポリィ&キトグリーンに全国の臨床
次世代の抗菌繊維でアトピーアレルギーから脱出
富士紡績(株)はキトサン粉末の超微粒子化に成功し、
ポリノジックの代名詞であるジュンロンに練り込み、
衣料用への展開を発表、ここに夢の抗菌繊維キトポリィが誕生した。
アトピー性皮膚炎で悩むこどもたちに大反響。
微生物の増殖抑制効果比較
kito1.gif
キトポリィ繊維表面
kito2.gif
通常繊維表面

キトポリィ&キトグリーンの誕生

 日本の紡績産業の成熟期を過ぎた六〇年代末、業界では「脱繊維」が大きく呼ばれ、それぞれの独自路線として他産業への新規参入や事業転換を、大手各社は模索していた。
 富士紡績(株)の新製品部もまた、この頃特に、二十世紀最後のバイオマスといわれたキチン・キトサンの研究に注力しており、農業分野・食品分野・公害防止分野・医療分野を視野に入れた開発を繰り返していた。
 キチン・キトサンは蟹やエビなどの甲殻類の外皮に多く含まれていて、毒性も無く、極めて安全性の高い天然成分である。なかでもキトサン・フィルムやキチン紙が生体と馴染みがよく、傷口の治療を早める創傷被覆保護や動物治療薬等の医用材料として、大きく期待されていた。
 動物実験でも、細菌感染による膿腫に対して、すぐれた効果が得られていたからである。
 医療分野展開の後、富士紡積(株)はキトサン粉末の超微粒子化に成功したのを機会に、ポリノジックの代名詞であるジュンロンに練り込み、衣料用への展開を発表した。
 キトポリィの誕生である。

貨幣状疹の改善例
kito10.gif
治療開始時
kito11.gif
キトポリィ肌着4週間着用後

キトポリィのアトピー効果発見

 キトポリィは当初、水虫(白癬菌)用靴下や院内感染(MRSA・緑膿菌)対策アイソレーションガウンを目指していたが、子供用肌着を試作して全国モニター配布布してみたところ、大反響を呼び起こした。
 これに意を強くし、特に乳幼児におけるアトピー性皮膚炎の臨床治験を実施したところ、何とこの肌着の着用により七一・七%というとんでもなく高い改善率が、皮膚アレルギー学会にまで報告されるに至った。
 治験終了後もキトポリィ肌着を気にいり、そのまま着用継続した症例については、湿疹・水疱・膿疱が治験後半年で一〇〇%完治し、その他の“痒味”などの症例についても九〇%近くの改善率となった。その後、次々と健康雑誌を初めマスコミに取り上げられ、またたく間にアトピー対応肌着として定着していった。
 各社でもキトポリィに続けとばかりに、キチン・キトサンを後加工などで工夫した後追い商品をつぎつぎと開発した。
 しかしこの数年、後追いのキトサン商品を使った消費者も、卓越した効果機能のキトポリィ製品に回帰しつつあり、昨年前半から一段と売上高を更新しているという。
 富士紡績(株)では、もし貴方の身近に、アトピーでお困りの方や幼児がおられたら、刺激が少なくて保湿性も高く、綿と比べてはるかに柔らかいので安心して着せてあげる事ができるので、ぜひ一度試して欲しいといっている。
 今まで国内限定で開発・市販拡大してきたキトポリー&キトグリーンが、いよいよこの素晴らしい効果を武器に注目の世界市場に進出する。


Image00.gif Image_99.gif Image_10.gif Image_11.gif