hormesist top 温泉とホルミシス効果 難病とホルミシス ガン死少ない三朝温泉
hormesist2 1●ウランのふるさと 2●光明石温泉 3●キトポリー
Contents 4●三朝温泉の真ん中で 5●記事・ラドンのたまご
記事へ移動


   
ウランのふるさと人形峠展示館・アトムサイエンス館

ホルミシスト第2号

touge.gif

koutou.gif

ホルミシスト販売中
情報雑誌。2,3,4号発売中
ラドンのたまご
家庭のお風呂でラドンの湯を


温泉を着るサポーター
温泉繊維でつくったサポーター


 三朝温泉での取材のおり、人形峠展示館に立ち寄った。
 三朝温泉から国道179号線を車で県境近くまで上り途中から旧道に入る、県境を越え岡山県側に入った途端広い駐車場と天然記念物の大山椒魚が迎えてくれた。
 人形峠でウラン鉱床が発見されたのは昭和30年11月、日本中が未来のエネルギー原子力に沸き、全国の各地で「原子力の平和利用博覧会」が開催されていた時代だった。
 「ウラン鉱床の発見は、ジープにシンチレーション・カウンターを積みこみ、山の中を走りまわって探したものです。当時の山道は舗装もされていないため、たいへんでした。11月12日の夕刻、あきらめて引き上げようとしたときカウンターがピッピッピッピッピッと鳴り出したそうです。
「そこにはウラン鉱床が露頭していたんですよ。」 この発見の翌年に鉱床発見が発表されると、当時の人形峠周辺はウランの話でもちきりとなり、ニュースは日本中を駆けめぐったとのこと。
 「ウランのふるさと人形峠展示館」では、ウランに関する各種展示をしており、入場無料、開館時間は9時から16時。三朝へ行ったら一度は訪れてみたい施設である。

Image00.gif Image_99.gif