ホルミシストのホーム北海道-東北|関東甲信越|準備中-2|準備中-3| 放射能が気になる時に読む本
 
 
ガンに効く温泉 ラドン、ラジウム温泉
   

放射能泉は、鮮度に敏感。
 しかし放射能泉は数が少なく、しかも空気に触れるとラドンなどの成分がどんどん失われる「鮮度」に敏感な泉質で、持ち運びすることのできない温泉です。 入浴方法を守って、必ず湧出地でお楽しみ下さい。

放射能泉の種類は3つ。呼吸や飲泉で取り込む。
 放射能泉は「ラドン含有ラジウム塩温泉」「ラジウム含有ラドン温泉」「ラドン温泉」の3種類です。温泉法では1リットルの中に111ベクレルのラドンを含有するものを放射能泉(放射線量)と規定。医療効果が認められる温泉は「療養泉」と呼び、113ベクレルで入浴中の呼吸で身体に取りいれられたり、飲泉で取り込まれたりします。

海外の放射能療養施設。
 オーストリアのバドガシュタインにある施設では50,000ベクレル/1立方メートルの放射線量(温泉水は4,000ベクレル)と言われ、医療としてラドン吸入療法を実施しています。ドイツのブラハンバッハのラドン温泉は30,000ベクレル。鳥取県の三朝温泉は2,410ベクレルで年間被爆量は4〜5msv位です。ちなみに北投石で有名な玉川温泉の岩盤浴は、地熱と放射線を放出する岩盤にじっと横たわる治療法ですが、意外と少なく、年間に受ける被爆量は0.44msv程と言われています。

放射能泉
「万病の湯」「痛風の湯」
泉質別適応症
痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病
飲用による適応症
痛風、慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛

新潟県 今板温泉

ラドン温泉、神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、ラドン含有量最高で6.32マッヘ、湧出量毎分103リットル
1千年前、今板の地名が「湯前田」と呼ばれていたころ、弘法大師が五頭山を開いた折、この地に薬湯を発見したと伝えられています。

五頭温泉郷・杉村温泉
新潟県阿賀野市村杉

単純放射能泉、弱アルカリ性 低張性 低温泉、ラドン含有量204.7マッへ(744.2×10-10キュリー/kg)、pH8.0(弱アルカリ性)、483.0L/min(自噴)、26.0℃
村杉温泉薬師乃湯3号井の泉質はラジウム含有量、ラドンの数値は他の著名な温泉を圧倒。ラジウム温泉として全国的に有名な三朝温泉をも凌駕するもの。ラジウムを多く含む湯は、婦人病に効果があることから、古くから「子宝の湯」としても知られている。戊辰戦争で傷ついた勤皇の志士たちも、ここで湯治をしたそうです。
放射能(ラドンRn)を含んだ温泉は、効果は入浴、飲水のほか、吸入での効果が一番良いとのこと

栃尾又温泉
新潟県魚沼市栃尾又温泉

単純ラジウム泉、36〜37℃、慢性皮膚病、婦人病、痛風、糖尿病、胃腸病、冷え性、動脈硬化、高血圧、不眠症、関節のこわばり、切り傷、病後回復期、アトピー、水虫など
栃尾又のラジウム泉は豊富なラジウムを含む温泉として有名、新陳代謝を高めると同時に、鎮静、鎮痛、催眠の効果がある。お肌がすべすべになるだけでなく、体によく効く温泉として知られ、古くから「子宝の湯」として親しまれている。
放射能泉探査に興味のある人向けの本:地下水 温泉調査のための放射能探査法

山梨県

増富ラジウム温泉
山梨県北社市須玉町小尾

・不老閣
・金泉閣

ラジウム含有量が非常に多いことで知られる。源泉温度はぬる湯。15分から30分と長めにつかる入浴法が一般的。ラジウム温泉のガスを、お湯に漬かって皮膚から、呼吸器官から吸収。またしょっぱくってまずいが、ちょっとだけ飲むことによって胃から体内に吸収される。
『増富の湯』のラドン含有量は0.23マッヘ/kg。飲用、呼吸、入浴により皮膚や胃から入り込み、およそ一時間で体内から消え去ります。その時の作用効果により細胞を活性化させ自然治癒力を高め、リウマチや悪性腫瘍に効果があると言われ、昭和40年8月5日、国民保養温泉地に指定されました。信玄公の隠し湯」としても有名な温泉です。ラジウム含有量のほか、他の成分も非常に豊富で、病気治療、特に癌再発防止のために定期的に湯治される方が多い温泉。交通は、須玉ICから県道韮崎ー増富泉約18Km25分ほど。

ホルミシスと健康の本:放射線ホルミシスが体にいい!―安全性で効果を徹底検証

群馬県 万座温泉ホテル
吾妻郡嬬恋村大字干俣万座温泉

硫黄泉、塩化物硫酸塩泉、酸性硫化水素泉(ラジウム湯&鉄湯)胃腸病、関節痛、リウマチ・神経病
9種の天然温泉めぐりが名物で、「ラジウム湯」と「鉄湯」があります。ひなびた湯治場のムードが今も残る温泉。

千葉県 養老温泉
千葉県夷隅郡大多喜町葛藤

単純泉含重曹、食塩泉、ラジウム温泉 ストレス、皮膚病、リウマチ・神経病。
療養泉を誇る温泉旅館。養老渓谷の旅館街の中心に位置し、黒湯は入浴後に肌がツルツルになると好評。

長野県 天竜峡温泉
飯田市龍谷

アルカリ性単純弱放射能温泉、pH 9〜10、31.1℃、無色透明
(浴用)慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症、慢性たんのう炎、高血圧症、痛風
(飲用)神経痛、慢性消化器病、肝臓病・たんのう炎、痛風、筋肉痛・関節痛
ライン下りで名高い天竜川の渓谷に沸く温泉です。天然ラドンの含有量が全国7位、アルカリ性なので健康のほか・美肌効果があり、肌がツルツルになります。名勝天竜峡温泉スタンドでは、100リットル100円で持ち帰ることが出来ます。最寄りの交通は、飯田IC、JR天竜峡駅。

     
    効用、効果はあくまで一般的な例ですので実際に温泉に入浴する際には、各温泉の分析表をご確認ください。

ホルミシストのホーム北海道-東北|関東甲信越|準備中-2|準備中-3| 
   
   
(c)beagle